スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの日の前後からの事
現時点で、どう整理するべきかわからないため、
とりあえず、あの日の前後からの事を、書いてみます。
しばらくの間このブログは、私の心の整理のために書いていくと思います。


3月10日。

私はこの時、介護ヘルパー2級の免許を取るために学校に通っており、
夕刻に帰宅した私は、ベッドに横になり、テレビを見ていた。

すると、文学座の林田さんから、
久々にお茶でもしないかとメールが来て、新宿で待ち合わせをした。

途端に、急に家を出るのが怖くなった。
なんとなく、事故にあう気がした。

交通事故にあうのか、駅のホームから転落するのかわからないが、
急に背筋が寒くなったのだ。

私は、林田さんとお茶をするのが好きで、
新宿で12時間お茶(飯?)をしたこともあり、
行くという選択肢は、どうしてもはずす気になれず、
とりあえず不安を抑えるために、引き出しをひっくり返し、
気休めかも知れないオニキス(厄除け?)の珠を握りしめ、新宿に出た。

林田さんは直感の鋭い人なので、
変な発言で、林田さんに迷惑をかけたくないと思ったので、
この事には何も触れず、私はずっとオニキスの珠を握りしめながら、
楽しい時間を過ごして、終電で帰宅した。

その後、明け方に就寝し、目覚めた時には、世界が揺れていた。


ああ。この事だったのか。と思った。



3月11日

テレビを付けると、NHKが津波の状況を中継しており、
どす黒い波が人を飲み込む手前で、カメラのアングルは切り替わった。

その日に予定していた観劇は、無くなった。


それから数日たって、計画停電の影響で、
ワークショップで押さえていた会館を、ひとまずキャンセルしてほしいと連絡がきた。

了承した。

それが、ワークショップが途絶えた理由である。


3月22日。こんなメールが来た。
=========================
毎度お世話になっております。○○です。
地震の方は大丈夫でしたでしょうか?
私の実家は岩手なのですがとりあえず無事のようです。

告知がございます。
この度○○○○○○にて○○○○監督「○○○○○○」が絶賛上映中です。

私は婦女暴行犯として出演させていただいております。

実にくだらない内容なので、こんな時期にこそピッタリだと思います。

地震などの影響でレイトショーが17時10分~となっております。
詳しくは下記ホームページを参考にしてください。

http://www.○○

ツイッター
@○○○○


それでは皆さん生きてる奴らで生きてる奴らを楽しませましょー!
=========================


さすがにこの時期に、このメールの文面はまずいですよと返信したところ、



=========================
おつかれさまです。

そうでしたか、俺の不注意ですね。

やってしまいました。わざわざありがとうございます!

反省します。失礼しました。

=========================

と返信が来た。



このことから、考えてしまったんです。


はたして、こんな大変な時期に、演劇をしていていいのだろうか。

演劇は芸術という側面を持っているために、人は簡単には批判できない。
でも、本当に、いま、演劇は必要なんだろうかって。


つづく
関連記事
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 『すべて持ち込み可』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。