スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ワークショップ】演技と読解のワークショップ #04
ワークショップ#04を行いました。

#04
12/5(日):参加者1名
12/6(月):参加者5名

5日は、参加者の大半の方が都合でお休みし、
大学時代からの付き合いの佐藤と私の二人であった為、
二人で体を動かし、20時過ぎに切り上げて退館しました。

実は私は、本年8月から『北龍拳』(赤心少林拳)という中国拳法を習っており、
佐藤につきあってもらい、套路(いわゆる型)や綾手取りなどの投げ技の練習をしました。

現段階では、中国拳法が演技に直接結びつくとは断言できませんが、
以前に比べ、重心が安定してきた事と、
気功法により、熱量のコントロールが容易になってきている事と、
集中力が高まっているのを実感しています。

『熱量』とは何なのかは、機会があれば説明したいと思いますが、今は割愛します。



6日は、練習台本を使った立ち稽古をしました。

今回意識したことは、
1)台本解釈を踏まえた上で、板の上で自由になること。
2)先に動線を決めてしまわず、毎回動線を変化させる中で、自分の中の音を探る事。
3)自分の台詞が生まれるきっかけは何なのかを把握して、相手に、自分の台詞を引き出してもらうこと。
 または自分が、相手の台詞を引き出してあげること。

この3点を意識しながら、演出を付けました。

何人も入れ替わり立ち替わり演出を付けた為、
私自身が若干てんぱっていたところもありましたが、
最後には、作品本来の空気感が生まれているという、
手応えを感じられるところまで行けて良かったと思っています。


私自身が振り返って感じたことは、
以前なら、「わかるかな?」と、感覚を感覚のままに役者に伝え、時に稽古が止まってしまっていたところを、
今は「どう言ったら、伝わるかな。」と、絶対に稽古は止めないと、私自身があきらめなくなったのが、
昔の自分との、大きな違いであると感じました。

もちろん、もっとわかりやすく伝えていくことが、私にとっての課題ですが、
私があきらめなかった事により、私の意図を理解している方が、
別な言葉で私の意図を補足して頂けたのが大変ありがたく、
皆さんに支えながらも、私が持って行きたい方向にちゃんと向かっていけたことが、何よりもうれしかったです。

来週は、よりうまく伝えられるよう頑張ります。

参加者の皆様、来週もよろしくお願い致します。


========================
補足:『仮面ライダースーパー1』が繰り出した「赤心少林拳」ですが、
    赤心少林拳の呼称に関する権利は、(株)東映が持っており、
    『北龍拳』は故・龍明宏老師の愛弟子が継承しておりますが、「赤心少林拳」を名乗ってはおりません。
    大人の事情をご理解下さい。

関連記事
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 『すべて持ち込み可』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。