スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【おすすめ】 古今亭志ん生の『火焔太鼓』
先年の話だが、映画監督の山本晋也監督が、古今亭志ん生(5代目)を語る番組を見る機会があった。

2005年9月にNHKで放映された、「私のこだわり人物伝~古今亭志ん生~」である。


その第一回で紹介されていたのが、古今亭志ん生の『火焔太鼓』であった。

古今亭志ん生 - Wikipedia
古今亭志ん生 (5代目) - Wikipedia
火焔太鼓 - Wikipedia


火焔太鼓は落語の演目の一つのため、
幾人もの噺家が「火焔太鼓」をやっているが、
やはり、古今亭志ん生の火焔太鼓が一番おもしろい。


中でも『古今亭志ん生 名演大全集(1)』に収められているものは、秀逸である。


『古今亭志ん生 名演大全集(2)』にも、
火焔太鼓(どんどんもうかる)が収められているが、これは、(1)とオチが違う。


これはお正月にやるため、オチを縁起の良いものにとアレンジしたもので、
内容的にはそのオチの部分しか変わらないようである。
しかし聞いてみると、圧倒的に(1)の方が引き込まれる。


生ものなので、その日の体調や小屋の空気などでノリが変わったのか、
それとも、志ん生が腕を上げて望んだのが(1)なのかはわからない。
しかし、聞くなら断然(1)である。

古今亭志ん生 名演大全集(1)は、購入しないと最後まで視聴できないので、
ニコニコ動画に古今亭志ん生 名演集(1)の『火焔太鼓』がUPされていたので紹介する。



こちらの古今亭志ん生 名演集(1)は、
古今亭志ん生 名演大全集(1)と同じ音源だが、残念なことに、非常に音質が悪い。
音量バーの横の不確定生物を押すと、流れてくるコメントを消すことができる。

次に、



上記の文字リンクは、
古今亭志ん生 名演大全集(2)にも収録されている、火焔太鼓(どんどんもうかる)の方である。
こちらは外部公開がされていないので、ニコニコ動画の視聴アカウントがある人だけ見れる。


でもやはり聞くなら、古今亭志ん生 名演大全集(1)の方の火焔太鼓である。
気に入った方は、是非購入して聞いてみて欲しい。
非常に味のある言葉の響きが、いっぱい聞ける。


ちなみに『火焔太鼓』を聞きながら自分もマネしてみようと思ったが、全くできなかった。


他の噺家さんの『火焔太鼓』にも興味がある方は、下記の[ Read More・・・]もどうぞ。









関連記事
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 『すべて持ち込み可』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。