スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スペインのサバデイで行われた、オーケストラのフラッシュモブ
以前にデンマークのコペンハーゲンフィルが行ったフラッシュモブを紹介しましたが、
今回は、スペインのカタルーニャ州にあるサバデイで行われたフラッシュモブを紹介します。

2012年5月19日午後6時、とある少女が、一枚の硬貨を帽子の中へ入れました。
少女が男性にほほえみかけると、男はコントラバスを演奏し始めたのです。

エル・バレス交響楽団(Valles Symphony Orchestra)エル・バレス交響楽団(Valles Symphony Orchestra)


それでは、動画をご覧下さい。

曲名は、ベートーヴェン作曲の交響曲第9番 ニ短調作品125 第4楽章「歓喜の歌」

《Som Sabadell flashmob》



今回のフラッシュモブは、
スペインのサバデイに本店を構えるサバデル銀行(Banco Sabadell)が創業130周年を迎えるにあたって、
地元の人にお礼するために行った、サプライズ企画なのだそうです。

演奏をしているのは、地元サバデイのエル・バレス交響楽団(Valles Symphony Orchestra)。
そこに地元の2つの合唱団も加わっており、総勢100人以上で行われました。

まわりにどんどん人が増えていくのに、
帽子にコインを入れた少女が、完全に音楽に飲み込まれていて、周りに気付いていない感がいいですよね。

エル・バレス交響楽団(Valles Symphony Orchestra)エル・バレス交響楽団(Valles Symphony Orchestra)


道行く人々も第9を口ずさみ、笑顔が伝達していきます。
そして、見ているこっちも自然とうれしくなります。


最後のシーンに、少女の姿はありません。
いつのまにか、少女はいなくなってしまっているんです。

楽曲のクライマックスで、我に返ったのかも知れませんね。
そして、お母さんにも聞かせようと振り返って、びっくりしてしまったのかも知れません。

最後の最後に、もう一度あの少女の表情を見てみたかったですが、これもまた、これでいいのでしょう。


きっと少女も、ほほえんでいる。
関連記事
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 『すべて持ち込み可』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。