スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真で一言ボケて「bokete」の中のお気に入り(7)
写真で一言ボケて「bokete」に投稿されたネタの中から、私が好きなやつを紹介します。

ど、どーしよ。こんなにそばにいられたら・・・左折で巻きこんじゃうよ

『左折で巻きこんじゃうよ・・』

◆感想◆

こう来るとはっ。

左折しようとした少女が乗っているのは、原付なのか軽自動車なのかわかりませんが、
二人の少女しか描いていないことにより、少女の心象風景が象徴的に描かれているように見えてきます。

もちろん、このように悩んだことは確かにあります。
しかし、作者が描いたのは絶対にそんなシーンではなかったはずです。

禁断の恋愛という、自分の気持ちを制御できない少女の思春期の葛藤の1コマに、
禁断の左折という、ルールに則り、感情を排除して規則的に行うものを、あえて持ってくるとは。

一番遠いところから持ってきた言葉が、見事にはまってます。


通常、文末に三点リーダー(・・・)を用いる場合は、点を3つ打ちます。
文中の『こんなそばにいられたら・・・つ』の場合も、点を3つ打ってますよね。

3点リーダーは、登場人物の心象に入っていく際に使いますが、
3点打つと、自己陶酔的な自己完結的な印象も与えてしまうのです。

そこで作者は、『いられたら・・・つ』と、
『つ』の部分で、自己陶酔気味な少女を、現実に引き戻そうとしています。

今回投稿された『左折で巻きこんじゃうよ・・』の部分も、
仮に『左折で巻きこんじゃうよ・・・』とリーダーを3つ打つと、自己完結的な、あきらめ的な印象を与えてしまいます。

今回は、リーダーをあえて2つにする事によって、
少女の不安を内面で完結させず、読み手にゆだねることに成功しているのです。


さて。

今日も、安全第一で行きましょう。
関連記事
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 『すべて持ち込み可』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。