スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真で一言ボケて「bokete」の中のお気に入り(3)
写真で一言ボケて「bokete」に投稿されたネタの中から、私が好きなやつを紹介します。

《お前がラフな格好でええからって言うたんちゃうんか!》

『お前が「ラフな格好でええから」って言うたんちゃうんか!』

◆感想◆

骸骨の彼は、男のアドバイスに従ったが故に、何か大きな失敗をしたのでしょう。

彼は、自分の選択を後悔しつつも、選択をしたのは自分だからと、
受け入れがたい現実を、どうにか受け入れようと努力していました。

そこに現れた男は、自分がアドバイスをしたにも関わらず、彼に向かって無責任な発言をしてしまったのです。
その発言が琴線に触れた彼は、耐えきれず、このようにブチ切れたわけですね。

この一言は、骸骨の彼が発した一言のみによって、
一瞬を切り取るだけではなく、過去から現在にかけての壮大なドラマまでも描き出しているのです。

骸骨の彼は、バイトの面接に行ったのか、合コンに行ったのかわかりませんが、
受け手の想像力をかき立てる作品だからこそ、「ほんとに格好が問題だったのかよ!!」とツッコミたくてしょうがなくなります。

ここまでの人間ドラマを想像させて、かつ笑いに転化する「一言」を持ってくるとは、この投稿者はすごい。


ちなみに、この骸骨が神官(?)の首を絞める画像は、タロットカードなのでしょうか。
なんの画像かはわかりませんが、私は、この画像はおそらく意味を持って描かれたと考えます。


そして、特筆すべきは、この「意味があった」(であろう)という点です。


写真で一言は、わけがわからない奇抜な写真に、面白い言葉をそえて楽しむ行為です。

しかし今回は、わけのわからない画像に、面白い言葉をあわせるのとは、ちょっと違います。
本来、意味を持って描かれたであろう絵に、イメージを完全に裏切り、全く別の合致する言葉を持ってきているのです。


だからこそ私は、この一言を不意打ちの一本ではなく、技有りの一本と評価したいのである。
関連記事
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 『すべて持ち込み可』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。