スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真で一言ボケて「bokete」の中のお気に入り(1)
写真で一言ボケて「bokete」に投稿されたネタの中から、私が好きなやつを紹介します。

《ヤバイ!!キジと桃太郎が一撃でやられた!!!》

『ヤバイ!!キジと桃太郎が一撃でやられた!!!』

◆感想◆

年齢を問わず笑えるんじゃないでしょうか。

最初の「ヤバイ!!」をカタカナで表記することで、
サルは言わないだろうというギャップのあるフレーズからはじまり、日本人ならまず知っている、桃太郎の話とかぶせてくる。

イメージされにくい情報から開示することによって、受け手の想像力を高めるという効果が見事にきまっています。

1.ヤバイ!!
2.キジと
3.桃太郎が
4.一撃でやられた!!!

順番を入れ替えると、こうなります。

 ◇基本系:ヤバイ!!キジと桃太郎が一撃でやられた!!!

 ◇派生系1:ヤバイ!!桃太郎とキジが一撃でやられた!!! ← キジと桃太郎の位置を入れ替えただけで説明感が増します。

 ◇派生系2:桃太郎とキジが一撃でやられた!!ヤバイ!!! ← おもいっきり説明的

なにより、「逃げろ!!」と言ってしまわないのが、すごくいいですよね。
「あ、オニから逃げてるよ。」は、受け手が自身の経験から自然と補足できる。

最後まで読んで再び画像に目が行ったとき、
1~4のワードが、まるで伏線のごとく見事に繋がり、笑いがこみ上げてきます。

サルの『動』と、イヌの『静』の対比もすばらしいですよね。

それにしても、「一言」がここまで作品に命を吹き込むとは、ほんと驚きです。
関連記事
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 『すべて持ち込み可』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。