スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コントを演劇的に見る(5) - バナナマンの『hasty』
まずは、見て頂くのがいいかも知れません。

《バナナマンのコント『hasty』》


それでは、このコントを演劇的に考察していこうと思います。(いつものように敬称略で書かせて頂きます。)

今回は、コントの題名である『hasty』という単語に注目します。

題名の「hasty」は、「急な。気が早い。」という意味です。これは単に「突発的」という意味ではありません。
別な訳を与えるならば、日村が何度か言っている「まだ早い。」という言葉が一番的確かと思います。

私はこの「まだ早い。」が、このコントが演劇的と感じる重要なポイントだと考えています。
「まだ早い。」というのは、「その発言は言ってもいいけど、言うのはまだ早いんじゃない?」という事ですよね。

つまりこのコントは、不条理な発言を続ける男の、実際にはあり得ない話ではなく、
距離感をつかめていない男の、実際にあり得る話になっている点が、ポイントなのです。

もしこのコントが、いかに突発的に変なことを言うかを追求したコントであるならば、
設楽が単に不条理な言葉を連発するだけの、舞台上にバカがいるだけのコントになってしまったことでしょう。

バナナマンの二人は、わかっているのです。
「まだ早い。」を形にしていくには、二人の関係性を綿密に描いていかなければならないという事を。


二人の演技がすごい点は、熱量の蓄積ができている点です。
熱量の蓄積をもう少しわかりやすく言うならば、「日村の怒りの蓄積」と思って頂ければ良いと思います。

設楽の発言に対して、日村がいらだちを示すという流れが、終始行われるわけですが、
一般的には、「設楽が言う(ボケる)→日村が答える(つっこむ)→リセット」を繰り返す事が多いのです。

例えばいわゆる『天丼+ノリつっこみ』の場合、知らず知らず同じ展開が繰り返す事が面白いというのはわかると思います。
しかし、同じ事を繰り返す際に、全く新鮮な気持ちで相手の話に乗っかるために、
今まで登場人物に与えられてきた負荷を、リセットしてしまうことが多いのです。

コントが「言ってることが面白いだけ」と思われてしまうことが多いのも、この点にあります。

今回のコントでは、同じようなことが起きているにも関わらず、日村の精神的負荷は蓄積されていきます。
バナナマンのコントには熱量の蓄積があるからこそ、人間の成長を描く事ができ、だからこそ演劇的であると言えるのです。

このコントで日村は、「もういいよ。」とは、絶対に言いません。
日村は、あきらめないのです。だからこそ、日村に蓄積された熱量が逃げていかないのです。


会話とは、言葉のキャッチボールです。
この言葉のキャッチボールには、想定されるダメなケースが存在します。

◆1.設楽が複数のボールを投げるケース
   設楽がどんだけ変な玉を投げたか(どんだけ面白い事を言ったか)を楽しむしかないコントになります。
   もしくは、日村がどんだけオーバーリアクションしたかを楽しむしかないコントになります。

◆2.設楽も日村も、相手のボールを無視して互いに投げ続けるケース。
   段取りで、自分の順番が来たから台詞を言ったというだけのコントになります。
   要は会話が成り立ってないという印象を受けることになります。

◆3.日村が複数のボールを投げるケース
   日村が投げた玉を、設楽がひたすら無視することになり、設楽がただの変人になります。
   日村は変な人に遭遇してしまった、運の悪い人なってしまい、次第にどうでもよくなってきます。


このコントの言葉のキャッチボールが絶妙なのは、
この二人は1つのボールを、ものすごいところに投げ合って会話を成立させているからです。

日村はあきらめないからこそ、どんな玉にも飛びついて取ります。
しかも日村は、玉をもらってから自己完結しません。必ず設楽に玉を返します。

だからこそ、二人の関係性が見えてくるのです。

例えば、コントの中で何度も登場する「急」という言葉ですが、「ちょっと急」「急」「すげぇ急」と変化していきます。
この「急」というフレーズが持ってるスピードの変化も、日村は意識して使っています。

日村は設楽の言葉の緩急を認識した上で、相手に言葉を投げ返しているのです。


ちなみに日村は、07:12に「てめぇ頭おかしいのかよ。」とまで言います。


「てめぇ頭おかしいのかよ。」は、つっこみとしては、ある意味、どんな場でも使える言葉だと思います。
しかし、この言葉は諸刃の剣だと思うのです。

コントにおいて、「てめぇ頭おかしいのかよ。」は、それを言ってはおしまいの言葉とも言えると思うのです。
しかし、このコントにおいては、とても自然な日村の言葉として、成立しています。

私は「てめぇ頭おかしいのかよ。」という言葉が成立している時点で、このコントは間違いなく演劇であると感じるのです。


ベネズエラ、やばい。笑い死ぬ。
関連記事
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 『すべて持ち込み可』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。