スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロのオーケストラによるフラッシュモブ 電車内で生演奏
2012年4月に、デンマークの首都であるコペンハーゲンの地下鉄の車内で、
突如コペンハーゲン・フィルの生演奏がはじまるという、フラッシュモブが行われました。

フラッシュモブ(Flash mob)とは、
インターネット、特にEメールを介して不特定多数の人間が公共の場に突如集合し、目的を達成すると即座に解散する行為。

Wikipediaにはあります。


このサプライズは、地元のラジオ番組「Radio Klassisk」の企画で行われ、多くの人から賞賛の声が上がっているそうです。

Klassiskとは、ノルウェー語でクラシックの意味ですね。

《Flash mob in the Copenhagen Metro. Copenhagen Phil playing Peer Gynt. 》



演奏されているのは、グリーグ「ペール・ギュント」より「朝」です。
表情を変えずに、イヤホンを外す男性、いいですよねぇ。

日本のどっきりって、誰かを傷つけるものが多いじゃないですか。

芸人だったら、ひどいどっきりを仕掛けても、テレビ局側が訴えられる事はないんでしょうけど、
ちょっと日本のどっきりは、笑った後に後味が悪いんですよね。


このどっきりは、仕掛けられた人が驚いて、笑顔になっていきますよね。
しかも、仕掛けた方も笑顔になっていく。


こんな奇跡に出会えた日は、いつもより人に優しくなれる気がします。


ちなみにコペンハーゲン・フィルは、以前にもコペンハーゲン駅構内で、フラッシュモブを仕掛けています。


よろしければ、こちらもどうぞ。

《Flash mob at Copenhagen Central Station. Copenhagen Phil playing Ravel's Bolero. 》



素敵な大人達だ。
関連記事
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 『すべて持ち込み可』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。