スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東芝「LED10年カレンダー」 (第41回フジサンケイグループ広告大賞受賞CM広告)
TVCMなので、目にしたことがある方もいると思います。

東芝「LED10年カレンダー」篇



LEDが照らし続けた10年間の家族の姿が、シルエットによって綴られています。

東芝のホームページには、このようにあります。

>■作品紹介:
>ある男性がダイニングのあかりをLED電球に交換してからの10年(3653日)を、
>影絵タッチで表現し、変わりゆく日常を常に照らしていたのは寿命10年の「LED電球」であったことを訴求します。
>LEDの長寿命をアピールするとともに、あかりの温かさを表現しています。
>第41回フジサンケイグループ広告大賞にて、メディアミックス部門グランプリほか2部門4賞を受賞しました。


描かれているのは、10年間のイベントの連続ではなく、10年間の日常の断片です。
日々過ぎていく日常の中に、大切な時間がある事を気付かせてくれます。

人生を劇的に描く演劇が多い気がしますが、私はこういった日常の幸せを板の上に上げ、共有できないかと思うのです。
関連記事
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 『すべて持ち込み可』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。