スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月頃の話になります。
今、今一度、一歩を踏み出すにあたり、
どうしても過去の自分の事を書いて整理したい思いに駆られています。

あの時の自分の事を吐き出して、ちょっとだけ身軽になりたいのです。
自分勝手な理由ですみません。

なんで今更の、約6年前の2010年11月頃の話を書きます。

あの頃の私は、秋葉原のパソコンのパーツショップで働いていました。
2階フロアでバイトしていた私は、閉店後の店舗で落とし物のSuicaを拾いました。

それは男子高校生のものだったらしく、
社員さんにSuicaが落ちていた事を報告したところ、
「そんなもの捨ててしまえ」と言われました。

最初は何を言ってるんだと耳を疑いましたが、
社員さんの言い分としては、
落とし物の社内処理をするのが面倒だから、レジ横のゴミ箱に捨てろというのです。

私が「いや、でも、これ定期でまだ期限も残ってますし…」と答えると、
社員さんは、「そんなものJRで無くしたって言えば、再発行できるだろう」と言うのです。

私は「でも、なかにチャージが残ってるかも知れないですし…」と言うと、
社員さんは、「そんなもの、俺らが気にする必要はない。」と。

社員さんに、「いつまで突っ立ってんだ。閉店後の商品補充するから、
はやく捨ててこい。お前の時給は誰が払ってると思ってるんだ。」と言われるものの、
私は、「でも、ここに置いておきますね。」とレジ裏の棚に私はSuicaを置きました。

それを見た社員さんは、Suicaを手に取り、ゴミ箱に放り込みました。
「捨てろって、いってんだろうが!!!」
私は、それを拾い直す事ができなかった。

6年以上たった今でも、あの時の事が後悔として残っています。
本当にごめんなさい。私はこの事を一生忘れません。

そして、もし同じような事があれば、
例え誰になんと言われようと、落とし主に届ける努力をする事を誓います。

あの時の高校生の人、本当に、ごめんなさい。
あの時の自分は、弱かったんです。

結局、その店ですが、2010年の12月に辞めました。
ていうか、潰れました。なので、今はもうありません。

なんか、そのショップの親会社が脱税していたらしく、
ある日に出社すると、事務所に黒いスーツの男の人たちがわんさかいまして、
いったい何が起こったかと思ったんですが、
国税局の査察部が会社に入り、子会社である店舗の運転資金を差し押さえたんです。

その後、店舗は資金繰りに行き詰まり、PCパーツショップは12月末に倒産しました。

ある日の朝に出社すると、朝礼で倒産が発表され、
希望者は店舗を買収した別会社へ全員就職できると説明がありました。

私はこのショップの社員さんと二度と仕事したくないと思い、
斡旋された別会社への再就職の手続きは取りませんでした。

「ざまぁみろ」と心で叫んで、私は1番最初に退社しました。

あの日はすがすがしかったなぁ。

結局、会社都合での失業で失業保険を翌月からもらうことができたため、
せっかくなので新しい事にチャレンジしようと、
職業訓練でホームヘルパー2級を取りに行く事にしました。

そんな事がありました。という話です。
スポンサーサイト
2017年がはじまる
ご無沙汰しています。

会う人、会う人に「最近芝居をやってるのか」と聞かれます。
すみません。芝居はやってませんでした。

3年ぶりにプロフィール写真を更新したら、
やけに老けてるじゃねぇかとビックリしました。

数年で時代は大きく変わり、
個人ブログなんて過去の遺物となりつつある気がしますが、
ここに書くことから、またはじめたいと思います。

ここ数年で、自分がずいぶん変わった気がします。

周りの人から見たら、何も変わってないのかもしれません。
しかし、自分の中では、色々なことが変わったんです。

当時は躊躇してブログに書かなかったことも、
今なら「書いてもいいのかも」と思えるようになりました。

しばらくは、心の赴くまま、言葉を綴りたいと思います。
過去に書いた話があっても、それは、それだよね。

2017年は、多くの人と幸せを共有できる年にしたいと思います。

よろしければ、一緒にお聞きください。
Charcoal Filter - Brand-New Myself(2002年5月1日にリリース)
Copyright © 『すべて持ち込み可』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。