スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【演劇論】音効という、もう一人の役者
2006年9月。私はトリガーライン第2回本公演『KCN』で、音響効果スタッフの角張正雄氏にお会いしました。
角張氏の音との出会いは、私の中で大変衝撃的で、今の私の『劇中音』に対する考えのベースになっています。

今回は、その話を。


私は学生演劇をやっていた頃から、
TVドラマ・TVアニメ・映画において、使われる音楽の方向性には違いがあると考えていました。

 ドラマ:作品の主題歌があり、それがアレンジされ、繰り返し使用される。
 アニメ:作品の登場人物の感情を代弁する叙情的音楽や、場面の雰囲気を表現するコミカルな音楽。ジングル。
  映画:作品の世界観を表現する壮大な音楽。

すべてがこれに当てはまるわけではないでしょうが、
先日、NHKのアニメギガに梶浦由記さんが出演されており、
音楽を作るとき、人物寄りか、世界寄りか、と言った話をされていました。
見ていた私は、まさに同じ事を言っていると感じました。

 では『KCN』における角張氏の音響効果とは、なんだったのか。
 私が考えるに、上記のどれでもありませんでした。


芝居の中でかかる音というのは、主に2種類に分けられると考えています。

 1.特定のシーンでかかる音楽
 2.シーン転換時にかかる音楽

まず角張氏は、特定のシーンで音楽を入れることをしませんでした。

私の言葉で角張氏の意図を書いて良いものか悩みますが、

角張氏の主張を要約すると、
 「このシーンに音楽が必要だと感じるのは、まだ役者の演技が定まってないからである。
 かけろと言われたら用意はするが、おそらくそれは、役者なり演出家の負けを意味する。
 台本に書かれている雰囲気を役者が表現できていれば、このシーンには音楽は必要ない。
 だから自分は、ギリギリまでここに音を入れるのを待ちます。」

というものでした。

演出補として現場に参加していた私が初めてこれを聞いた時、
まさかスタッフが、ここまで演出家を追い込むのかと、大変驚きました。

そして次に、角張氏が転換時に入れた音に、驚いたのです。

私は今まで、転換の音というのは「A→A'→B」のように、
Aのシーンの雰囲気をA'で盛り上げ、そして断ち切り、
別なシーンBへと向かうための音楽(A')を入れていました。


私が今まで行ってきた「A→A'→B」の配列の場合、
A'はAの雰囲気を踏まえた上で選択されるものの、
その主旋律までかけないと聞いている側が気持ちが悪く、
結果的に、A'=Cと言った、独立したシーンとして存在してしまっていました。
つまり、「A→A'→B」=「A→C→B」となり、
全く独立したCという時間が存在してしまうことになるのです。

そもそも開き直って、「A→C→B」でいいじゃないかという、演出家もいると思います。
ある程度の時間稼ぎと、仕切り直しがなければ、お客が付いて来れないと考えるからです。


しかし角張氏は、そう考えていた劇中音における私の考えを見事に打ち砕いてくれました。

では角張氏は、実際どのような音を用意したのか。


角張氏は「A→B'→B」のように音を配置し、
しかも音楽ではなく、Bのシーンで鳴っているだろう音をミキシングし、
それをトランスのようなリズミカルのものにして流して、場面転換したのです。

「A→B'→B」のスタイルで場面転換した場合、B'は限りなく短くても、場転は成立します。
逆にB'が限りなく短くなった場合、お客はその瞬間(B')を消し去って、
物語を追い続けることができるようになるのです。

つまり、限りなくB'をゼロに近づけ、「A→B」へ転換できるわけなのです。


私の学生演劇の演出は、劇中の音楽が多いことが特徴でした。
各シーンで頭の中で音楽が鳴り響き、その音楽に乗せて、各シーンを創っていました。

 しかし、今は考えが違います。

頭の中で音が鳴った場合、どうやったら役者の台詞だけで、
その音楽の雰囲気を客席に伝えられるようになるかを、考えるようになりました。


そして、そうなってくると、役者が発する音一つ一つにこだわって演出せざるを得なくなるのです。


今の私は、音効は、もう一人の役者だと考えています。


舞台上で二人が会話している中、脇でもう一人が歌い続けたら、どう思いますか?


うるさくてかなわないですよね。

さて、『辛酉年・文久秘記』では、どうやって音を入れるか。
かかった音楽しか頭に残らないような演出は、役者に対して失礼なのだから。
スポンサーサイト
【スケジュール】トリガーライン第8回公演 『トリアージ』PV(和田版)
『トリアージ』出演者の和田武さんが、
今回もPVを作成されておりますので、私も貼らせて頂きます。



和田さんがPVで用いる音楽に、毎回驚かされます。
和田さんは、作品の中の温かいものをすくい上げる事ができる人だと思っております。
だから私は和田さんの事が好きで、和田さんの活躍を願ってしまうのだと思っています。

ちなみに和田さんは、最近Wikipediaに名前が載ったそうです。
自身もいつか和田さんに続くんだと、心に思うのでした。

和田武公式ホームページは、こちらです。
http://www.geocities.jp/project_club_bob/

※柴田は『トリアージ』にお手伝いに行きますが、作劇には携わっておりません。
【スケジュール】トリガーライン第8回公演 『トリアージ』にお手伝いに行きます。
Trigger line

下北沢小劇場「楽園」

『トリアージ』

作・演出 林田一高
構成   水端兄 

涙をもって種まく者は、喜びの声をもって刈りとる。
種を携え、涙を流して出ていく者は、
束を携え、喜びの声をあげて帰ってくるであろう。


◆出演◆
北川竜二/藍原直樹/瀬川諒平(スターダス21)/大迫健司/重松宗隆/柘植裕士(アクター21)
小角まや/久津佳奈(Office LR)/小坂実夏子(プロダクション・タンク)/吉田真理
横山仁美(アイリンク㈱)/遠藤良子(劇団黒テント)/江里奈(星のオトメ歌劇団)
野々目良子(プロダクション・タンク)/尾川止則/和田武(ヴォーカル)/林田一高(文学座)


◆スタッフ◆
演出補     北川竜二
舞台監督    大地洋一
照明      松本永(Fantasista?ish.)
音響      佐藤春平
美術      松本謙一郎
チラシデザイン 高木理恵子
制作      安田みさと(7の椅子)
        塚原正和


◆協力◆
神之門隆広(トランクス)/舞台美術工房六尺堂/7の椅子
プロダクション・タンク/ヴォーカル/Fantasista?ish.
Office LR/アイリンク㈱/アクター21/劇団黒テント/星のオトメ歌劇団


◆日時◆

11月26日(金) 19:00
11月27日(土) 14:00/19:00
11月28日(日) 14:00/19:00
11月29日(月) 19:00
11月30日(火) 19:00
12月1日(水) 16:00 (※千秋楽の開演時間にご注意下さい)



◆料金◆

前売り・当日共 ¥3000

開場は開演の30分前
受付は開演の1時間前

◆チケットの購入方法◆
トリガーラインホームページからお申し込み下さいませ


=================================
柴田が演出補として4年間お世話になった、
トリガーラインの本公演が、まもなく行われます。

今はトリガーラインの作劇に関わっておりませんが、
当日は、柴田は劇場内で会場整理などを行う予定です。


今回は、福知山線の脱線事故においても行われた『トリアージ』がタイトル。

災害現場では、最善の医療処置をすべく、
緑・黄・赤・黒の四色の布が患者の手首に巻かれました。

黒は手遅れを意味し、黒い布を巻かれた人は、処置がされません。
はたして現場で行われたその判断は、正しかったのか。


涙をもって種まく者は~、のくだりは、聖書の一節だそうです。
数年前、末期癌と闘っていた父の最期を、実家がある北海道で私が看取ったとき、
林田さんは東京から、この一文を、メールで送って下さいました。

今度は、これが作品に盛り込まれるのですね。


村を離れた私は、今は必死で種を蒔いています。
黄金に輝く麦を両手に携え、ご報告にあがる日を夢みて。
Copyright © 『すべて持ち込み可』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。