スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ワークショップ】演技と読解のワークショップ #04
ワークショップ#04を行いました。

#04
12/5(日):参加者1名
12/6(月):参加者5名

5日は、参加者の大半の方が都合でお休みし、
大学時代からの付き合いの佐藤と私の二人であった為、
二人で体を動かし、20時過ぎに切り上げて退館しました。

実は私は、本年8月から『北龍拳』(赤心少林拳)という中国拳法を習っており、
佐藤につきあってもらい、套路(いわゆる型)や綾手取りなどの投げ技の練習をしました。

現段階では、中国拳法が演技に直接結びつくとは断言できませんが、
以前に比べ、重心が安定してきた事と、
気功法により、熱量のコントロールが容易になってきている事と、
集中力が高まっているのを実感しています。

『熱量』とは何なのかは、機会があれば説明したいと思いますが、今は割愛します。



6日は、練習台本を使った立ち稽古をしました。

今回意識したことは、
1)台本解釈を踏まえた上で、板の上で自由になること。
2)先に動線を決めてしまわず、毎回動線を変化させる中で、自分の中の音を探る事。
3)自分の台詞が生まれるきっかけは何なのかを把握して、相手に、自分の台詞を引き出してもらうこと。
 または自分が、相手の台詞を引き出してあげること。

この3点を意識しながら、演出を付けました。

何人も入れ替わり立ち替わり演出を付けた為、
私自身が若干てんぱっていたところもありましたが、
最後には、作品本来の空気感が生まれているという、
手応えを感じられるところまで行けて良かったと思っています。


私自身が振り返って感じたことは、
以前なら、「わかるかな?」と、感覚を感覚のままに役者に伝え、時に稽古が止まってしまっていたところを、
今は「どう言ったら、伝わるかな。」と、絶対に稽古は止めないと、私自身があきらめなくなったのが、
昔の自分との、大きな違いであると感じました。

もちろん、もっとわかりやすく伝えていくことが、私にとっての課題ですが、
私があきらめなかった事により、私の意図を理解している方が、
別な言葉で私の意図を補足して頂けたのが大変ありがたく、
皆さんに支えながらも、私が持って行きたい方向にちゃんと向かっていけたことが、何よりもうれしかったです。

来週は、よりうまく伝えられるよう頑張ります。

参加者の皆様、来週もよろしくお願い致します。


========================
補足:『仮面ライダースーパー1』が繰り出した「赤心少林拳」ですが、
    赤心少林拳の呼称に関する権利は、(株)東映が持っており、
    『北龍拳』は故・龍明宏老師の愛弟子が継承しておりますが、「赤心少林拳」を名乗ってはおりません。
    大人の事情をご理解下さい。

スポンサーサイト
【ワークショップ】演技と読解のワークショップ #02~#03
トリガーラインのお手伝いに行ってきた為、ブログの更新が途切れておりました。
ワークショップ#02と#03を行いました。

#02
11/21(日):参加者4名
11/22(月):参加者4名

#03
11/28(日):参加者5名
11/29(月):参加者4名

初回は台本解釈中心に話を進めてしまったので、
#2では、シチュエーションが言葉を引き出す場合が存在し、
シチュエーションが変われば、出てくる音が変わるという話をし、それを体験してもらいました。


#3では、言葉に敏感になってもらう為に、
『少々お待ち頂けますか。』というフレーズを言い換えてもらいました。

1)少々お待ち頂けますか。
2)ちょっと待ってて。
3)しばらくお待ち下さい。

稽古場では、他にどんなパターンがあるのかを聞きまして、計20通りほど出てきました。
そしてそれらが、どう違うのかを全員で話し合いました。

どういったシチュエーションで、このフレーズ(20通り)を使いますか?

こっちの方が、丁寧に話しているよね。
こっちの方が、親近感があるよね。身近な存在だよね。
こっちの方が、文語的だよね。


『少々お待ち頂けますか。』の一部を別な言葉に置き換えるだけで、別なシーンが想像できます。
そして役者ならば、それをすべて、言い換えられなければいけない。

そこで、一人ずつ20通りのフレーズを言い、
残りの人たちで、そのシーンがイメージできたかを判定するといった作業を行いました。


これは、台本解釈をする上で、なぜ作者がこのフレーズを選んだのかを考えてもらい、
台本に書かれた言葉を、なぜ忠実に言う必要があるのかを理解してもらった上で、
台本に書かれた言葉にもっと敏感になってもらい、個々の台本解釈の精度を向上させることが目的でした。

また、聞いている側が20通りの台詞を聞いているうちに、台詞を聞く精度もあがり、
台詞を言う側も、自分の癖を把握し、その上で自身の新しい音を探ったりと、興味深い練習となりました。

何よりも、私(演出家)が正しいか、間違ってるかを判別するのではなく、
参加者の皆さんの中にも『あり』か『なし』かの基準が存在するとわかって頂けたことが、
今回の練習の、一番大きなポイントであったように感じます。



台本解釈は、あなた自身ではなく、役としてその場に存在するために、絶対に必要なことです。
しかし、台本解釈はすればするほど思考は凝り固まり、同時に体も硬くなります。

役者は、板の上で自由でなければなりません。
だからこそ、役を演じるとき、台本解釈したことをあえて捨てなければなりません。

台本解釈とは、役作りのゴールに向かう為の物ではなく、役作りのスタートの為に行う物です。

 ①登場人物の心理から台詞を考える ←台本解釈
 ②空間が引き出す言葉を考える   ←台本解釈
 ③肉体が発しようとする音を考える


今は、演技の基礎の話をしてますが、基礎とは、決して簡単な物じゃないんですよ。
家の基礎がしっかりしているからこそ、上に家が建つのです。


それでは来週も、よろしくお願いします。
【ワークショップ】お知らせ
#2の総括をしようと思いつつも、あまりに忙しくてできておりません。

ワークショップは通常開催しております。

月曜の新規募集は、いったん中断しておりますが、
中断前にワークショップに申し込んだ方は、普通にお越し頂いて大丈夫です。

また、参加者の皆様は、日曜日と月曜日の両日のうち、どちらから選んで参加でかまわないので、
現在月曜日メインの方の募集を止めておりますが、
週によって、月曜日に参加して頂いても、何も問題ございません。

来週以降、若干私の忙しさが落ち着きます。

それでは、よろしくお願い致します。
【ワークショップ】演技と読解のワークショップ #01
ワークショップの初回(#01)を14日(日)と15日(月)に行いました。

諸事情で当日欠席された方がいらっしゃいましたが、
14日(日)3名、15日(月)5名の方と一緒にワークショップを行いました。

実は13日(土)に、たまりにたまったストレスからか風邪を引きまして、
一時はどうなることかと思いましたが、無事初回両日を終えることができました。

私にとって、初めての自身主催のワークショップであったため、
正直、言葉に詰まる部分もありましたが、
参加者の方々が、うなずきながらメモを取って下さり、
参加者全員が、次回も参加したいと言って下さったことが、私の自信となりました。

実は開催前の一週間は、ワークショップで何を伝えるべきか、自問自答の日々でした。
そしてそれは、その場で考えることだと全部捨てて、当日に臨みました。

14日を終えて、少しばかり手応えを感じていた自分がいたのですが、
15日の参加者の皆さんが向き合うべき課題が、14日の方々と全く違ったため、
15日のワークショップ当日に、頭の中をリセットする作業を、その場で行いました。

そのため、15日のワークショップは、半分は14日と同じ事、残りの半分は全く別な話をしております。


自分が今まで学んできたことに対して、理解をしてきたという思いはあるものの、
それを、どう組み立てるか実践できたことが、何よりも良い経験となりました。

今回のワークショップは、丁寧にお伝えすることを第一に考えておりましたが、
優しく教える、楽しいワークショップにするというつもりは、ありませんでした。

そのために私は、あえてこの場やホームページで随分と生意気な発言を繰り返し、
それでも参加してみたいと思って頂ける方と一緒にやりたいと、ハードルを上げてきたつもりです。

そのためか、集まって下さった皆さんは、教えてもらうんだという受け身ではなく、
学んでやるんだという、積極的な気持ちをお持ちになっていたように思いました。

私自身も、来て頂いたのだと必要以上にへりくだる事なく、
共に芝居の道を志す者として、対等に向き合えたと思っております。

そして、『辛いけど楽しい時間』を共有するための第一歩を、参加者の皆さんと共に踏み出せたと思っております。

今は来週は何をお伝えしようかと、頭の中で色々巡っておりますが、
それもまた、ワークショップ前にすべてリセットして、当日に臨みます。

参加者の皆さんも、一週間で色々考えると思いますが、
来週また、リセットした状態でお会いしましょう。

全く無名の私のワークショップに参加して頂いたこと、大変感謝しております。
そして、次回もよろしくお願い致します。

初回参加者の皆様、お疲れ様でした。
【ワークショップ】演技と読解のワークショップ


プロフィール部分に画像リンクを追加しておりましたので、
すでにお気づきの方々もいると思いますが、
11/14(日)・15(月)より、演劇のワークショップを定期的に開催する事に致しました。

東京で友人達と旗揚げした団体を、方向性の違いから2007年に脱退し、
癌で闘病し続けた父を看取り、
その後に遭遇した、やり場のない悲しみと向き合い、
その上で、再び歩み出す決意を致しました。

今回のワークショップは、
あくまで私のスキルアップと、多くの方々とのご縁を結ぶことを目的としておりますが、
来年には再び、自らが主宰する劇団を旗揚げするつもりでおります。

遠方より私の活躍を応援して下さっている皆様、
私の本気が、独りよがりのものとならず、
多くの人の生きる力となるべく、今後も精進して参ります。

そしてその歩みに、「臨華Project」と名前を付けました。

これからも、柴田をどうぞよろしくお願い致します。
Copyright © 『すべて持ち込み可』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。