スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
THE BACK HORN(ザ・バックホーン)の「美しい名前」のMV
ザ・バックホーンの「美しい名前」という楽曲のミュージックビデオが好きなので紹介します。

2007年3月にリリースされていますので、今から5年前の曲ですけどね。

==================================

《THE BACK HORN / 美しい名前 -マッチversion-》

美しい名前 -マッチversion- 投稿者 tomoka15

作詞 菅波栄純
作曲 THE BACK HORN
唄 THE BACK HORN


泣きたい時ほど涙は出なくて 唇噛んでる真っ白い夜
体中に管をたくさん付けて そうかちょっと疲れて眠ってるんだね

世界で一番悲しい答えと 悲しくなれない真っ黒い影
擦れそうな声で名前を呼んだ ふいにゾッとするほど虚しく響いた

あぁ 時計の針を戻す魔法があれば
あぁ この無力な両手を切り落とすのに

世界は二人のために回り続けているよ
世界に二人ぼっちで 鼓動が聞こえるくらいに

微かにこの手をなぞった指先 小さなサインに敏感になる
こんなふうに君の心の音に 耳をずっと澄まして過ごせばよかった

あぁ 想いを隠したまま笑っていたね
あぁ 知らない振りをしてた 僕への罰だ

世界は二人のために回り続けているよ
離れてしまわぬように 呼吸もできないくらいに

何度だって呼ぶよ 君のその名前を だから目を覚ましておくれよ
今頃気付いたんだ 君のその名前がとても美しいということ

世界は二人のために回り続けているよ
世界に二人ぼっちで 鼓動が聞こえるくらいに

世界は二人のために回り続けているよ
離れてしまわぬように 呼吸もできないくらいに

何度だって呼ぶよ 君のその名前を だから目を覚ましておくれよ
今頃気付いたんだ 君のその名前がとても美しいということ

==================================

マッチの炎は、音楽の高鳴りとシンクロします。

炎は、人の命の輝きを表しているのでしょうか。
灯がともり、燃えさかり、やがて消えていく様は、人生を象徴しているのでしょうか。

マッチが燃えているだけのMVで、こんなにも胸が熱くなるのは、
MVの中に「人」が描かれていることを、見ている側が感じ取っているからだと思います。


私はこの曲の歌詞も好きです。


スローテンポなこの曲は、平易な言葉で事実を伝えています。
強い言葉を用いず、劇的に歌いあげようとしていません。

物語は、意図的に進めようとしなくても、事実が積み上がれば勝手に進むものです。
進んでいく二人の時間と、変化することのない現実は、なんと切ない対比でしょうか。


「世界は二人のために回り続けているよ」の言葉は、傲慢な言葉ではありません。
「僕」にとっての世界は、自分と「君」がすべてであり、それでも回り続ける世界は、あまりに残酷です。


もし、物語の最初と最後で人が変わることをドラマとするならば、この曲にもドラマがあります。

それは、「今頃気付いたんだ 君のその名前がとても美しいということ」という、
あまりにシンプルなものだからこそ、聞き手の心に強く響いてくるのかも知れません。


ちなみに、歌詞を書いているのは、ギターを担当されている菅波栄純(すがなみ えいじゅん)さんです。
販売されたCDには、このようなメモが添えられていたそうです。


>  あの日、あなたが倒れたという知らせを聞いて
>  すぐ病院へ向かいました。
>  原因がわからず、意識不明のあなたの手を
>  さすりながらあなたのお母さんは、
>  何度も何度も名前を呼びかけていました。
>  どんな状況でもあきらめない姿を見て、
>  このことを歌にしなくてはいけないと思いました。
>  今度聞かせにいきます。
>                  菅波 栄純


おそらく、この曲は実話をもとに作られたのでしょう。

MVをもう一度再生してしまうのは、「人の願い」からでしょうか。
スポンサーサイト
矢野顕子さんと佐野元春さんの『SOME DAY(サムデイ)』
矢野顕子さんと佐野元春さんの『SOME DAY(サムデイ)』

以前に矢野顕子さんがカバーした『中央線』について書いたことがありましたが、
今回は矢野顕子さんがカバーした『SOME DAY』について書いてみます。

『SOME DAY』は、佐野元春さんの曲です。

佐野元春さんの『SOME DAY』は、こちらで視聴できます。

==================================

《矢野顕子さんの『SOME DAY』》


矢野顕子 - SOMEDAY
作曲:佐野元春
作詞:佐野元春

街の唄が聴こえてきて
真夜中に恋を抱きしめた
あの頃
踊り続けていた
夜のフラッシュライト浴びながら
時の流れも感じないまま
窓辺にもたれ夢のひとつひとつを
消してゆくのはつらいけど
若すぎてなんだか解からなかったことが
リアルに感じてしまうこの頃さ

Happiness & Rest
約束してくれた君
だからもう一度あきらめないで
まごころがつかめるその時まで
SOMEDAY
この胸にSOMEDAY
ちかうよSOMEDAY
信じる心いつまでも
SOMEDAY

「手おくれ」と言われても
口笛で答えていたあの頃
誰にも従わず
傷の手当もせずただ
時の流れに身をゆだねて
いつかは誰でも
愛の謎が解けて
ひとりきりじゃいられなくなる
Oh!ダーリン
こんな気持ちに揺れてしまうのは
君のせいかもしれないんだぜ

Happiness & Rest
約束してくれた君
だからもう一度あきらめないで
まごころがつかめるその時まで
SOMEDAY
この胸にSOMEDAY
ちかうよSOMEDAY
信じる心いつまでも
SOMEDAY

いつかは誰でも
愛の謎が解けて
ひとりきりじゃいられなくなる
ステキなことはステキだと
無邪気に笑える心がスキさ

==================================

SUPER FOLK SONGSUPER FOLK SONG
(1992/06/01)
矢野顕子

商品詳細を見る



以前に書いた『中央線』と同じアルバム、『SUPER FOLK SONG』(スーパー・フォーク・ソング)に収められています。

佐野元春さんが、『約束してくれた君』と書いた歌詞を、
矢野顕子さんは、『約束してくれたあなた』と言い換えて、歌っています。


『SOME DAY』は、『いつかきっと』
『Happiness & Rest』は、『幸福と安息』『幸せと安らぎ』といったところでしょうか。


ネットをふらふらしていて、SITEDOIさんのページに、このような文章がありました。

>矢野顕子の「SOMEDAY」(のカヴァー)を聴いた佐野元春は
>「男性は理想に向かって山を登るけれど、女性というのは限りなく平原を歩いていくのだなぁ」と思ったそうだ。
>佐野元春が希望を胸に"いつか、きっと"と歌ったとするなら、矢野顕子は"いつか、きっと"と現実的に希求する。
>そういった意味だと思う。 《SITEDOIさんのページからの部分転載》


これは、どういうことなのか、私なりに解釈してみたのです。


男性にとって、夢を追いかけるというのは『山を登る』ようなものである。
それは、つらく厳しい作業で有り、転げ落ちていく者もいる。
登っているうちは頂上が見えない。どこまで続かもわからない。でも頂上は間違いなくある。
登り続ければ、きっといつか頂上は現れ、頂上に登ったものにしか味わえない世界がそこには広がっている。

女性にとって、夢を追いかけるというのは『平原を歩む』ようなものである。
それは、まだ見ぬ世界に出会うために、夜明け前の平原を歩いて行くようなものである。
きっと、どうしても見てみたい景色があって、地図を広げ、そこに向かって旅立ったのでしょう。
今はもう、地図は役に立っていないのかも知れません。

男性は、いつしか頂上に登ることが目的になっていくのに対し、
女性は、望んだ景色がいつか見れると信じ、歩み続けるのでしょう。

それが、男性の「希望を胸に"いつかきっと"」と、
女性の「"いつかきっと"を現実に希求する」の違いなのかなと、思うのです。


男性は頂上を目指すあまり、足下に何があるのかに、全く目が行かないのかも知れない。
女性は出会うものを肌で感じ、受け入れ、自分を作り替えていくのかも知れない。

男性にとって、頂上がゴールなのに対し、
女性にとっては、歩みを止めたところがゴールなのかも知れない。

どちらにせよ、スタートがあるからゴールがあるだけです。
そこですべてが終わるわけではありません。

ゴールは、一つの終着点でしかないのでしょう。



私は、矢野顕子さんの『SOME DAY』に、闇を感じるんです。

私が矢野顕子さんの『SOME DAY』を好きなのは、その闇が好きだからかも知れません。


夜の闇が、私を深く包み込んでくれます。
ビゼー『カルメン』 指揮:佐渡裕 & 指揮:レナード・バーンスタイン
題名のない音楽会ですっかりお馴染みの、指揮者の佐渡裕さんの動画をご紹介します。
可能なら、少しでもいいスピーカーで視聴してみてください。


ビゼー『カルメン』指揮:佐渡裕


画面右下の[・・・]を押して[×]に切り替えることで、画面に現れる文字を消すことができます。


ニコニコ動画のコメントは、佐渡さんの指揮のスピードが速い事ばかり指摘してますが、
単純に速いから引き込まれているわけではないことは、聞き始めてすぐにわかります。

ちょっと長い動画ですが、後半のファランドールも、かなりゾクゾク来ます。
実は、後半のファランドールの方が、カルメンより好きなくらいです。


クラシックは、私が小学生の頃にうちにあったレコードで、いくつか聞いたぐらいで、
中学校に入った頃には、ほとんど聴いてこなかったのですが、佐渡さんの存在を知った頃から、再び興味を持ち始めました。

レナード・バーンスタインのカルメンも貼っておきますので、よろしければ、聞き比べてみてください。
バーンスタインは20世紀を代表する指揮者で、佐渡裕さんのお師匠に当たる人です。小澤征爾さんのお師匠さんでもあります。

Bizet / Horne / McCracken / Bernstein, 1973: Carmen (Highlights) - Metropolitan Opera Orchestra


佐渡さんとバーンスタイン、二人のカルメンは全然違うのに、どちらもいいですねぇ。
復興支援ソング『花は咲く』 花は咲くプロジェクト
復興ソングの『花は咲く』の動画です。
友人のO川くんとの話に出まして、ブログでも紹介させて頂きます。


この曲はNHKが東北地方太平洋沖地震の被災地の支援を行う、(NHK東日本大震災プロジェクト)の一環です。
作詞は岩井俊二さん、作曲は菅野よう子が担当しました。そういえば、菅野女史は宮城県の出身でしたね。

NHKのページにて、菅野よう子さんの作品に対するコメントを見つけました。

>作曲するにあたって心がけたこと。それは自分を出来る限り消し、
>音楽が、パフォーマーや聴く人の気持ちを載せることのできる透明な器であるようにする、ということでした。

>そのためには、私自身が子供のようにのびのびと健やかである必要がありました。
>チャリティーである意味や、聴く人を傷つけない心遣いさえ一度忘れ、滝に打たれこそしませんでしたが、
>1週間ほどかけて音楽家としての下心や技巧を落としてゆきました。

>そして1月のある晴れた午前中、
>「いま、生まれていいよ」と岩井監督からいただいた詩に導かれるままに、私の中にいた4歳の自分が一気に作りました。
>そんなふうに作品に取り組める経験は、とても豊かなものでした。

>歌の録音では、もしも天国があるならばそこにいる人に、
>「わたしはこんなふうに元気でやってます」と伝わるようなテイクを選ばせていただきました。
>少しずつ、あなたの傷が癒えますように。

>100年経って、なんのために、
>あるいはどんなきっかけで出来た曲か忘れられて、詠み人知らずで残る曲になるといいなあと願っています。
                                                       NHKのページからの引用

CDは、5月23日に発売です。

>CDには花は咲くプロジェクトによるバージョンのほか、
>同プロジェクトにも参加しているAKB48チーム4の岩田華怜が歌うソロバージョン、
>Members from The Little Singers of Tokyoが歌うバージョン、「花は咲く」のインストという計4曲を収録。
>インスト以外の3バージョンはそれぞれバックトラックも異なる。
>また、初回限定盤には「花は咲く」ビデオクリップのオリジナルフルバージョン、
>「AKB48 岩田華怜『花は咲く』を歌う。」と題した映像などが収められたDVDが付く。
                                              最新音楽ニュース ナタリーからの引用

収益金は、すべて被災地の復興支援に充てられるそうです。

《花は咲く フルバージョン》


《AKB48岩田華怜-花は咲くPoem Ver》


友人のO川くんは、千昌夫さんのところで、ぐっと来たそうです。
私は、遊佐未森さんの透明感のある声に、天を仰ぎます。

あなたは、どこで涙しましたか?


花は咲く フルバージョン もうちょっと良い画質版 →こちら←
AKB48岩田華怜-花は咲くPoem Ver もうちょっと良い画質版 →こちら←
愛と哀しみのボレロ - Les Uns et les Autres -
清水建設のテレビCMでかかっているクラシック音楽が思い出せず調べてみたところ、
フランスの作曲家ラヴェルのバレエ音楽『ボレロ』だったのですね。


そこで、なんでもいいのでボレロを聞こうとして見つけたのが、


愛と哀しみのボレロ - Les Uns et les Autres -(最大化もおすすめです。3:30~見てもいいかも。)



愛と哀しみのボレロ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
『愛と哀しみのボレロ』(Les Uns et les Autres)は、
クロード・ルルーシュ監督の傑作として広く知られる1981年公開のフランス映画。

1930年代から1960年代に渡りパリ、ニューヨーク、モスクワ、
ベルリンを中心とするフランス、アメリカ、ロシア、ドイツにおいて交錯する四つの家族の人生を描く。
作中ではジョルジュ・ドンによるバレエのボレロが強い印象を残す。

                                     (Wikipediaより引用)


一回見ただけで、思い切り引き込まれてしまいました。

踊っているジョルジュ・ドンの力もすごいのでしょうが、
振り付けを行ったモーリス・ベジャールも、世界的評価を受けている人のようです。


ちなみに、こちらは女性バージョン?

シルヴィ・ギエム - ボレロ - Sylvie Guillem - BOLERO - (With Tokyo BALLET)



シルヴィ・ギエム(Sylvie Guillem, 1965年2月25日 - )は、フランス・パリ生まれのバレエダンサー。

100年に1人の逸材とまで称される現代バレエの女王。

シルヴィ・ギエムは、ボレロを2005年の公演を最後に封印したが、
2007年に亡くなった天才的な振付家モーリス・ベジャールの追悼として改めて最後のツアーを行なった。

東京での公演は、2009年2月6日、7日と9日の夜。8日は昼(7日の昼が追加)

収録の公演は、2009年2月9日 東京 五反田 ゆうぽうとホール

                                     (YouTube投稿者・追記欄より引用)


シルヴィ・ギエム版も、これまた、すごいですよね。



では、ついでにもう一つ。

東京バレエ団「ボレロ」[モーリス・ベジャール振付]



『・・・』
Copyright © 『すべて持ち込み可』. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。